体調の変化を感じて

妊娠してから肌トラブルを抱えている妊婦さんは少なくありません。

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすくなるため、いつも以上に肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。
よくあるトラブルの例としては、シミやそばかすなどの色素沈着です。

 

妊娠中に盛んに分泌されるエストロゲンの影響で紫外線に対して過敏になったり、またプロゲステロンの分泌によりメラニンの生成が促進されるためと考えられます。
同じくニキビができやすくなったり、肌の乾燥なども妊娠中によく聞かれるトラブルです。

 

ホルモンのバランスが崩れることで肌のバリア機能が低下したり、逆に皮脂の分泌が盛んになったりして今まで使っていた化粧品が合わなくなるといったことも聞かれます。

 

 

そんな妊婦さんにおすすめのスキンケアは、紫外線対策と、とにかく保湿をしっかりすることです。
その際自分や胎児のためにも刺激の少ないものや、オーガニックのものなどを取り入れると良いでしょう。

 

素肌のまま外に出ないことやいつも以上に保湿をしっかりすることがとても大切です。

 

それでも乾燥が治まらない場合や化粧品が肌に合わない時は、皮膚科で診察を受けるようにしましょう。
またストレスを溜めないことや規則正しい生活や食事をとることもスキンケアにつながります。

 

 

関連ページ

注意点などなど
妊婦さんにおすすめの化粧品や肌ケアについて。