安心出来るものを

妊娠するとホルモンバランスが乱れたり、胎児に栄養を送るために肌の修復が後回しになったりと肌のコンディションが悪くなりやすいです。特に妊娠初期から中期は肌荒れに悩む妊婦が多いです。

 

妊婦だからと生活に制限が出ると、ストレスが溜まって胎児の成長にも悪いです。女性は毎日鏡を見る機会があるため、スキンケアをしていない顔を見るのは心地の良いものではありません。

 

 

妊娠中にスキンケアは、胎児にも安心な化粧品を使えば問題ありません。化粧品はオーガニックであることがポイントです。防腐剤や界面活性剤など肌に刺激となり胎児への影響が心配される成分が含まれていません。

 

界面活性剤は経口摂取することはなくて、破壊された皮脂膜から体内に入れば、血管に取り込まれて胎児にまでたどり着きます。

 

 

オーガニック化粧品は原料の栽培方法や製造方法まで化学成分を含みません。また植物由来のオイルなど天然成分を使うことで、肌本来が持つ力を引き出します。

 

肌内部から美肌を作る環境が整うので、つわりなどでスキンケアを十分に行えないことがあっても、それまでに継続して使っていれば肌荒れもひどくなりません。オーガニック化粧品にはよくアロマオイルが入っています。

 

 

肌を保湿したりキメを整えたりするアロマオイルがいくつかあり、香りを楽しみながらスキンケアできるのでストレス解消にも効果的です。日本のオーガニック化粧品は明確な定義がないので、世界的なオーガニック認定マークが付いているものを選びます。

 

 

関連ページ

注意点などなど
妊婦さんにおすすめの化粧品や肌ケアについて。
体調の変化を感じて
妊婦さんにおすすめの化粧品や肌ケアについて。